【インカムゲイン】投資だけで生活!20代から目指す不労所得

2020年2月4日

【インカムゲイン】投資だけで生活!20代から目指す不労所得
ととまる君

・インカムゲインって?
・不労収入で生活したい!
・安定した生活をしたい!

こんな悩みを解決します。



最近、インカムゲイン(配当金)による不労所得を目指す方が多くいらっしゃいますね。


ただ、すでにお金持ちの人や、ある程度収入のある人が目指している印象を強く持ちます。


しかし実際はそんなことはなく、50代よりも40代、40代よりも30代と、早めに行動すればより短期間で多くのインカムゲインを得られるようになります。


この記事では20代からでも目指せるインカムゲイン不労収入生活の実践方法を徹底紹介していきます。


インカムゲインとは

インカムゲインとは

インカムゲインとは株式投資をしている期間中に得られるお金(配当金)のことです。


インカムゲイン(配当金)は企業によっては0%のところもあれば9%というところもあります。


ここで言う0%や9%というのは投資した額の9%が年間で得られるということです。


トヨタ自動車の例


例えば、トヨタ自動車(2020年1月31日終値)に100株(765,200円)投資した場合、


年間あたり22,000円(220円/株 2019/03参考)の配当金がもらえます。


通常「利回り」という表現なので、トヨタ自動車の配当利回りは2.88%になります。


このように、株式を発行している企業の株を保有している期間にもらえる配当をインカムゲインと言います。


ここでは、インカムゲインを狙った投資をインカムゲイン投資と呼ぶことにしますね。



インカムゲイン投資で不労所得の生活になるには?

インカムゲイン投資で不労所得の生活になるには?

インカムゲイン投資で安定した生活を送るためには、年間あたり必要なお金を計算する必要があります。


例えば、1年間で500万円あれば生活できる人がいるとします。


この人が配当だけで年間500万円もらえたらどうなるでしょうか。


働かずとも配当だけで生活できることになりますよね。これこそ不労所得による生活ではないでしょうか。


ですので、インカムゲイン投資で年間の必要なお金を獲得できれば、安定した生活を送ることができるのです。


インカムゲイン投資で安定した500万円もらうには?

インカムゲイン投資で安定した500万円もらうには?

インカムゲイン投資だけで500万円を得るには、どれほど投資したら良いのでしょうか。


先ほどのトヨタ自動車を例にすると、1株あたり220円もらえるので22,727株を保有すれば良い計算になります。


22,727株を買うには1株あたりの価格を掛けたら良いので、約1億7400万円を投資することになります。


ですので、トヨタ自動車の株式を保有して500万円の不労収入を得るためには約1億7400万円が必要ということになります。



ととまる君

そんなお金あったら苦労しないよ!!

【インカムゲイン投資】現実的な方法とは?

【インカムゲイン投資】現実的な方法とは?

インカムゲイン投資を繰り返すことで、莫大な投資と配当を得られます。


トヨタ自動車の場合、利回りが2.88%でしたので1億7400万円という大金を用意しなければなりませんでした。


ただし、一気に配当を得る場合は大金が必要ですが、一般的にはそんなことはせず、長期的なプランで計画していきます。


最初に、少額を投資すると、毎年2.88%の配当が得られますよね。


その配当をさらに投資すれば、翌年さらに増えた配当が得られます。


これを長期間繰り返すことで、数十年後には莫大な投資と配当になるという仕組みです。


インカムゲイン投資でどんな企業を選ぶの?

インカムゲイン投資でどんな企業を選ぶの?

インカムゲイン投資では利回りの高い企業に投資するようにしましょう。


時間をかければかけるほど、初期投資は少額でかまいません。


ですが、少額で、できるだけ早く高い配当金を得たいのであれば、利回りの高い企業に株式投資したら良いのです。


トヨタ自動車以外の企業を見ると7%や9.5%などもあるので、配当の高い企業へ投資すればトヨタ自動車ほど大金を準備しなくても、将来高い配当金が得られますね。

注意

利回り(配当)だけを見て投資するのは大変危険な行為です。

利回りは企業側が独自で決めることができるので、倒産しそうだけど投資してほしい!という会社であれば利回りを高めることができます。

インカムゲイン投資でおすすめな銘柄とは

インカムゲイン投資でおすすめな銘柄とは

インカムゲイン投資でおすすめな企業を選ぶ上で大事なのは、「高い利回り」で、「今後業績が伸びそうな企業や生き残っていく企業を見極めること」です。


そんな企業を見つけるために大事の要因を押さえたポイントを、今回ご紹介します。

銘柄選びのポイント

  • 高い利回り(4%以上)
  • PER(13倍以下)
  • ROE(7%以上)
  • 自己資本比率(50%以上)
  • 会社の業績
  • 今後需要のあるビジネス

【インカムゲイン投資①】 配当利回り(4%以上)

インカムゲイン投資を狙うのであれば、当然、高い利回りが大きなカギだと言えます。


日本の配当平均利回りはおおよそ2%〜2.2%となっているので、4%以上というのはかなりの高配当だと分かります。


高配当であると、株式を保有しているだけでより多くの配当を得られるため、他の投資家から注目されます。


つまり、買い注文が増えるので、株価自体も上昇する可能性があります。



【インカムゲイン投資②】 PER(13倍以下)

インカムゲイン投資で重要なポイント2つ目はPER(株価収益率)が13倍以下であることです。


PER(株価収益率)とは会社の利益と株価の関係を表しており、株価が1株あたり利益の何倍になっているかを示します。


ですので、株価が上昇すればPERも上がりますし、株価が下がればPERも下がります。


PERが低いだけではただ単に株価が下落ということになりますが、他の5要素が良いのに、PERだけ低いというのはかなり買い時の銘柄だと言えます。



【インカムゲイン投資③】 ROE(6%以上)

インカムゲイン投資で重要なポイント3つ目はROE(株主資本利益率)が6%以上であることです。


ROE(株主資本利益率)とは会社の持っている純資産(自己資本)に対してどれだけ利益が出ているかを示します。


ですので、ROEが高ければ投資家から集めたお金を上手く使って利益につなげているということになります。


一般的な企業ののROEは約3%であるため、6%以上であればかなり上手く自己資本を使っていると分かります。


【インカムゲイン投資④】 自己資本比率(50%以上)

インカムゲイン投資で重要なポイント4つ目は自己資本比率が50%以上であることです。


自己資本比率とは企業の持っている総資産のうち返済する必要のない自己資本がどれだけ占めているかを示します。


自己資本比率が高いということは企業自体に借金が少なく、安全な経営をされているということになります。


TKC経営指標によると、普通の黒字経営の企業で20~40%、優良企業で40~70% 、超優良企業で53%ですので、最低限40%は超えたいですね。


また、自己資本比率40%を超えると銀行が融資したい企業にランクインするそうですよ。


【インカムゲイン投資⑤】 会社の業績

インカムゲイン投資で重要なポイント5つ目は会社の業績が良いかどうかです。


具体的には、営業利益を見るようにしましょう。


営業利益とは一言で言えばその企業の事業で稼いだ力です。


営業利益がプラスであり、続いているかどうか(黒字経営が続いているかどうか)は最低限しっかりと見ておきましょう。


また営業利益以外にも決算発表がされているので、危ないところがないか確認しておきましょう。



【インカムゲイン投資⑥】 今後需要のあるビジネス

インカムゲイン投資で重要なポイント6つ目はその企業が成長見込みのあるビジネスをしているかどうかです。


将来的に伸びる可能性のある企業は、大きな事業のひとつに今後需要のあるビジネスをしています。


例えば、VRや娯楽、広告、5Gなど、将来を予想した時に需要がありそうなビジネスです。


この例は直近の将来の話なので、もう少し先の将来を考える必要がありますが、大事なのは世界情勢を知ることです。


世界情勢・ビジネス・トレンドなどを知らなければ将来を考えることはできません。


ですので、常にアンテナを立てて、情報を取り入れるようにしましょう。



インカムゲイン投資 まとめ

インカムゲイン投資で重要なポイントを6つ紹介しました。


全てを網羅する企業にはなかなか出会うことはできませんが、できるだけ多くの要素を抑えた企業に投資するようにしましょう。


もちろん株式なので確実に儲かる企業は誰にも分かりません。


できるだけ重要項目を抑えた企業に投資して、リスクを下げるようにしてくださいね。


今回紹介したポイントをしっかりと踏まえたおすすめ銘柄をこちらで紹介しています。

【インカムゲイン】おすすめ銘柄5選|株式投資ー2020最新版
【インカムゲイン】おすすめ銘柄5選|株式投資ー2021最新版

続きを見る


-経済
-, ,

Copyright© ととろぐライブラリー , 2021 All Rights Reserved.