【自己紹介】就活の面接でやってはいけないこと/言うべきこと

2020年1月7日

みなさん、こんにちは、てつろうです。


就活での面接の場面で、自己紹介を聞かれる時がありますよね。志望動機学生時代に頑張ったことへの対策はできるんだけど、自己紹介って何を言ったら良いか悩んでる方も多くないでしょうか。

就活生A君

悩みます・・・なんて言ったらいいですか?
そもそも重要視しないといけませんか?

かなり重要ですよ。僕なんかほぼ毎回聞かれてましたから。

てつろう



さて、今回は志望動機や学生時代頑張ったことと同じくらい毎回聞かれる自己紹介について、書いていきますね。

こんな方におすすめ

  • 自己紹介で何を言ったら良いのかわからない方
  • 自己紹介でのポイントを知りたい方

そもそも自己紹介って重要なの??

結論から言うと、かなり大事です!


僕はほぼ毎回聞かれていました。


面接官の立場になって考えてみると、わかると思いますが、


面接は自己紹介から始まりますよね。そのため、自己紹介でモジモジしたり、グダグダしながら話している様子でしたらどうでしょうか。


その時点でその子の印象が決まってしまいますよね。


実は、この印象ってかなり重要です。合格する面接のコツはここでは書きませんが、


ほぼ、 印象 で決まると言っても過言ではないでしょう。


きっと、競争の激しい会社から内定をもらっているほぼ全ての人も同じ意見だと思います。総合商社など人気企業から内定をもらった他大学の友人は全員同じことを言ってます。


なので、面接の始めである自己紹介はその人の印象を決めるので特に重要になります。

就活生A君

うわ、、、そんなに重要なんですね。対策しないと。。。

本当に大事です。ここでつまずいてしまったら、かなり悪い状況の中での面接は圧迫面接とかになる可能性があるので避けたいです

てつろう

面接での自己紹介ではなんて言うの??

特にこれを言いなさいというのは決まっていませんが、どんなことを言ったら良いのでしょうか。それでは一緒に見ていきましょう。

大学や自分の名前などのプロフィール

〇〇大学〇〇学部のてつろうです。

まずは、自身のプロフィールを言いましょう。この程度で大丈夫です。

大学で何をやっているか

大学では経済学と心理学を混ぜ合わせた行動経済学のゼミで、人の意思決定やその変容について研究しております。その一方で、貧困家庭の子どもを対象にした学習支援サークルに所属しており、子どもたちに学習の環境や教育サービスの提供を行なっています。

次に、大学で学んでいることや活動していることなどを少し紹介する程度で大丈夫です。ただ、活動していることについては、学生時代頑張ったことのネタにすると良いですね。活動していること以外に、趣味とかを話してもいいですね。

挨拶

本日は、貴重な時間をいただきありがとうございます。宜しくお願い致します。

最後に、貴重な時間をいただいたことことに対する謝辞を含めるといいですね。これで完成です。とっても簡単ですね。

ポイント

簡単であるが故に、スラスラ言える準備をしないと、面接で慌てることになります。しっかりと準備していきましょうね。

就活生A君

めちゃくちゃ簡単ですね。今すぐに準備してみますね。

自己紹介で気をつけるポイント

自己紹介で気をつけなければならないポイントがあります。


そもそも、自己紹介では上記のことが言えたら十分です。長くても1分以内に終わらせましょう。


スラスラっと済ませるべき自己紹介で、僕自身が遭遇した経験を紹介しますね。笑

長すぎ!!自己PRとかは必要ないです。

とある企業の集団面接を受けている時の話です。

面接官:では、右の方から簡単に自己紹介を宜しくお願いします。

一番はじめの人の自己紹介を聞いていると、、、

就活生A君:〇〇大学〇〇学部のXXです。学生時代頑張ったことは〇〇です。自分のPRポイントは〇〇です自分の強みは〇〇です。弱みは〇〇です。趣味は〇〇で、毎日〇〇しています。

てつろうの心の中:長い、長すぎる。一人で5分も話してる、、、。でもやっと終わった。

就活生B君:〇〇大学〇〇学部のXXです。学生時代頑張ったことは〇〇・・・

B君もC君も同様に5分くらい話していました。

てつろう:〇〇大学〇〇学部のXXです。・・・。

僕だけ40秒くらいで終わらせましたが、まさかのここで集団面接終了です。


結果、合格したのは僕だけでした。


以上の体験からわかるように、全部言わなくて良いんです。


もちろん、せっかく準備してきたものを言えないなんてもったいない、という気持ちは理解できますが、そもそも準備とは必要な時や求められた時にするものであり、自分から出すものではありません。


これを読んでる皆さんはこんなミスがないようにしましょう。

ポイント

自己紹介は簡単で大丈夫です。長くても1分以内にしておきましょう。

自己紹介はスラスラ言うこと

サラッとテンポよく終わらせましょう。


文章自体、難しくないはずです。ですが、ここでモジモジしたりするのは、明らかに準備不足です。


モジモジしているのが伝わってしまうと、面接官は良い気分はしません。


その状況になると、後の学生時代頑張ったことや志望理由のところで圧迫面接をうける可能性が出てきます。


できれば就活生も面接官も良い気分で終わりたいので、自身の印象を表す自己紹介ではスラスラ言えるようにしましょう。

僕も、就活の最初の方はモジモジしてしまって、圧迫面接になりました。結果は不合格でした。

てつろう

【就活での自己紹介】まとめ

いかがだったでしょうか。


自己紹介がまだ準備できていない人は例文を参考にしながら作ってみてください。


面接の始まりである自己紹介ではあなたの印象が分かります。


良い印象にするためにも、自己紹介はスラスラ言えるようにしましょうね。

-就活
-, ,

Copyright© ととろぐライブラリー , 2021 All Rights Reserved.